膝の痛み 原因

膝の痛みをなくす 変形性膝関節症 原因 治療法 TOP

膝の痛み 原因

膝の内側が痛む時の原因と対処法


膝の内側が痛む時の原因と対処法

歩くと膝の内側がら下かけて痛む、その部分を押すと痛い
このような症状は鵞足炎(がそく炎)を発症しているのかもしれません。

鵞足炎(がそく炎)とは
膝の内側は、薄筋(はくきん)半腱様筋(はんけんようきん)
縫工筋(ほうこうきん)という3つの筋肉が集中していて
ハムストリングや内転筋などの筋肉につながっています。

この部分を後ろから見ると(鵞足)ガチョウの足のように
見えることから鵞足といわれています。

原因としては膝の曲げ伸ばしする時に内側に入ってしまう動作
膝から下を外側にひねる動作をした時に起こります。

運動する時スクワットなど指先が内側に向いた内股の状態でも
おきます。スクワットする時は外側に指を向けるように気を
つけましょう。

靴を選ぶ時も、内側に重心がかかる靴も鵞足炎(がそく炎)
の原因になります。靴選びも慎重に行いましょう。

改善法としては軽症の時は、冷やすなどして安静にします。
なかなか治らない時は医師の診察を受けます。
他の病気の時もありますので注意が必要です。

普段から鵞足部やその周辺のストレッチを行い筋力の柔軟性
をアップしておきます。

illust664_thumb.gif

膝の痛み 症状

膝の痛み 変形性膝関節症とはどんな症状


exclamation膝の痛み変形性膝関節症とは

膝の痛みは、クッションの役目を果たしているひざの関節軟骨が
すり減ったり変形したりすることが元で起きます。老化や肥満、
外傷などにより起こります。

中高年の膝の痛みの代表的な症状です。

exclamation変形性膝関節症の症状

・歩く、走る時ひざが痛む

・長時間歩くとひざが痛む

・階段を上り下りするときひざが痛む

・膝に水がたまって腫れる

・膝がO脚気味になってきた。

変形性膝関節症の痛みは足を動かしたときに痛みます。
安静にしていると痛みがありません。

中高年の女性に多く、ホルモンの影響、肥満で膝に負担がかかる、
足の筋肉が弱いなどで男性に比べて多くなっています。
見た目では脚がまっすぐでなく、O脚やX脚が見られます。

変形性膝関節症は将来、寝たきりになる(ロコモティブシンドローム)
になりやすくなります。

ひどくなってからでは、運動療法が出来なくなり、ますます悪化
していきます。初期のうちに、下半身の強化、膝の周りの
筋肉をしっかりつけておきましょう。


okyaku.png

 X脚


⇒次 変形性関節症は将来要介護、寝たきり(ロコモティブシンドローム)になりやすい。

  1 2 3 4 5..  次の3件>>


スポンサードリンク



Powered by Seesaa